有料アダルトサイトってなに?存在価値と2つの利用タイプを解説してみる

有料のアダルト動画配信サイトって一体どんな存在価値があるのでしょうか?

有料というくらいですからもちろんお金を払ってエロ動画をたっぷりと見ることができるサービスのことですね。

ビデオオンデマンド、略してVODと言われるものです。

VODというとAmazonプライムやHulu、Netflixなどが有名ですがそれのアダルト版と考えればわかりやすいでしょう。

そのアダルトVOD、なぜ海外のサイトを利用するのかというと、ご存知の通り日本では無修正は違法です。しかし海外にある会社を経由することによって合法になってしまうんです。

つまり動画を配信している海外では無修正であることはもともと合法なのでなんの問題もないわけです。

モザイクなんて言ってんのは日本だけという話もありますが…

その合法の国の動画を個人で楽しむ分にはOKということになるんですね。

ん~なかなかグレーな表現ではありますが・・・。

アダルトVODで作品を見るときの2つの方法

どちらにしても海外の有料サイトを個人的に楽しむ(ダウンロード含)だけであれば法に触れることはないということです。

で、そのアダルトVODには大きく分けて2つのタイプがあります。

月額見放題タイプ

月額見放題とはその名の通り月額で決まった料金を支払うことで作品が見放題になるということです。

最近ではサブスクリプションと言われるあれです。携帯電話で言えば定額パケット料金のようなものです。

月額料金はもちろん利用するサイトによって異なりますが大体3000円から5000円が相場といったところでしょうか?

ストリーミングのみであれば2000円もかからずに利用することだってできます。

月額の料金を払うことでエロ動画が見放題になるのですから、レンタルビデオで1本あたり300〜400円払ってエロビデオを借りているなんてことに比べるとどれだけコスパがいいかわかるでしょう。

この方式がなんといってもお得です!

PPV

海外系のアダルト動画配信サービスで利用することはあまりないかもしれませんが、都度課金のシステムです。

自分が見たい動画を1本あたりいくらで購入またはレンタルすることになります。

日本のアダルトサイトだとFANZAやDUGAはこのPPVが充実しています。

最新作品はどうしても見放題になるまでは時間がかかるため、PPVを利用される方は多いです。ですが都度課金ですから気になるものをどんどんというわけにはいかないでしょう。

FANZAの場合レンタルのみなら比較的安いですがダウンロードとなると1本あたりで1980円などするので意外とお高めになります。

新作のDVDを購入するようなものと考えるとわかりやすいですね。

まとめ

有料のアダルト動画配信サイトの存在価値と2つのタイプをまとめてみました。

月額見放題もPPVもそれぞれ一長一短ありますので上手に組み合わせて利用するのがいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました